【KIRIN】麦のカフェ CEBADA(セバダ)を飲んでみた 〜うん、苦い〜

中国茶/お茶関連

出先で手持ちの水をすっかり飲み干してしまった時、ふと見つけました。
少し前から気になっていた飲み物、「麦のカフェ CEBADA(セバダ)」です。

KIRIN「世界のKitchenから」シリーズならどこかの国の飲み物なんでしょうね。
コーヒーみたいでコーヒーでない。
何と言ってもカフェインゼロ

何かとカフェインを取り過ぎてしまう私にとって、とても気になる飲み物でした。

スポンサーリンク

【KIRIN】麦のカフェ CEBADA(セバダ)

イオンにて¥95(税込)で購入しました。
色といい、パッケージデザインといい、コーヒーみたいです。

では早速頂いてみます。

お、匂いは麦茶(笑)。
味は…結構苦いです。
確かにコーヒーが飲みたくて近いものを探してる人にとってはぴったりかも。

麦茶のほんのりした甘みが大好きな私はそれを少し期待していたのですが、ほとんどありませんでした(ちなみに無糖です)。
コーヒー並みに苦いのですが、酸味や渋味といったものはあまり感じられないです。

ゴクゴク飲めるかといったら…う〜ん、苦いからな〜(笑)。

でもこの苦味でカフェインがゼロならコーヒーの量を減らしたい人には良さそうですね。
デスクに置いておいても、なんとなくコーヒーっぽいし。

ノンカフェインの割には風味がしっかりしているので、リフレッシュの役割は果たせそうです。
そしてノンカフェインだから眠気覚ましにはならないんでしょうけど、なんだか目が覚めそうな味です。

カフェオレにしてみた

少しだけカフェオレにしてみましたが…カフェオレっぽくはなりませんでした。
残念。

まだそのままの方がコーヒーっぽいです。

麦のカフェ CEBADA(セバダ)について

こちら、スペイン・レバンテ地方の家庭で作られる「アグア・デ・セバダ」の製法を元にして作られた飲料だそうです。

キリン公式サイトニュースリリースの商品ページには以下のように記載されています。

「アグア・デ・セバダ」は、「大麦」の麦芽を深く焙煎して粉砕し、柑橘のピールと一緒に鍋で煮出して作り、“麦のコーヒー”として愛されています。

コーヒー豆を大麦に変えただけじゃなく、柑橘ピールで風味もプラスされていて結構手の込んだ飲み物なんですね。

↓パッケージより

原材料名:焙煎大麦、麦芽抽出物、柑橘抽出物/香料、ビタミンC
内容量:600ml

柑橘抽出物、入ってますね。
味的にはあんまり感じられないですけど。

そして、600mlも入ってるんですね。
これがコーヒーだったら大変!(笑)

感想

コーヒーの顔をした麦茶って感じでしょうか
でもやっぱり一番のポイントはカフェインゼロ

カフェインを気にする人にとって、デカフェ以外の選択肢が増えたのは嬉しいことかもしれません。

私的には、喉の渇きにゴクゴク飲むには麦茶、リフレッシュの為に飲むならセバダって感じでした。

《おすすめ記事》

コメント

タイトルとURLをコピーしました