【Malmö マルメ】ショコラファブリック・ベネズエラダーク70%カカオ

チョコレート

なんてオシャレなパッケージの板チョコなんでしょう。
こちら、先日行った神戸のベルギーチョコレート専門店「BEBEBE Chocolatier」で購入したチョコレートです。

ベルギーチョコレート専門店と紹介したばかりですが、こちらのチョコレートはスウェーデンのものらしいです。

素敵なパッケージとセール価格(笑)、そして大好きな甘蔗糖使用のチョコレートという点で選んでみました。

【Malmö マルメ】ショコラファブリック・ベネズエラダーク70%カカオ 80g ¥500(税込)→セール価格

セール価格なのでこのお値段ですが、元値は忘れてしまいました…。

こちらの「Malmö(マルメ)」のチョコレート。情報が少なくてですね、公式らしいサイトはあるのですが、英語さっぱりの私には???でした。(翻訳サイトにお世話になってみても、やっぱり???)→2020.3時点で見られなくなっていました。

商品の裏面には下記のような情報が。

-138℃で70分ローストしたベネズエラ産クリオロ種のカカオを24時間コンチングしたチョコレートです。

え〜っと、よくはわからないのですが、なんとなくこだわってそう(笑)

とにかくいただいてみます♪

甘〜い香りがします。
わ、なめらか〜!!美味しい〜!
どう表現したらいいのかな…。

苦味があまりなくて、でもまったりとしたカカオのコクはすごくあります。
軽〜くスパイスっぽい風味とどことなくドライフルーツっぽい感じもするような…。

え、めちゃくちゃ美味しいんですけど!
酸味も無くはないんですが、私の苦手な酸味じゃなくて軽やかな感じです。

これでカカオ70%なんて。

ありがた〜い品種

「クリオロ種」の”クリオロ”とはスペイン語で「自国の」という意味だそうです。
カカオ豆を初めてヨーロッパに輸出したベネズエラが、それらを「自国の」と呼んだことがその始まりとのこと。
収穫量が少なく、病気や虫に弱い品種のため実は大変貴重なのだとか(世界のカカオの生産量の数%以下!)。

裏面の”読めるところ(日本語表記)”には書かれていないのですが、表のパッケージには「CHUAO(チュアオ)」の表記があります。

なんだかとても”ありがたい”感じ。

しまった〜!もうひとつ買っておけばよかった!!

裏面チェック

原産国:スウェーデン
原材料名:カカオマス、甘蔗糖、ココアバター、(一部に乳成分を含む)

はい。非常に美味しかったです。
一言で言うと、「もっと買っておけば良かった」です。

《おすすめ記事》

コメント

タイトルとURLをコピーしました