体調不良は食事抜きと睡眠で治す!

BODY/MIND

一昨日の夜から昨日の昼過ぎまで体調不良でダウンしておりました。
吐きそうとか激痛とかではないものの、頭が重〜くて、首がパンパンに張っていて、何だか横になりたい…というもの。
何かする気力は起きず、もちろん食欲も湧きません。

何か体調が悪くなることしたかな〜?特に変わりないけどな〜。でもあれかな〜これかな〜、なんて自分を問い詰めるようなことを色々考えても余計にしんどくなるばかり。

スポンサーリンク

まずは休息を

とりあえず、こんなときは休みましょう。
ということで、その日は早々に休み(夕食後だったので)、次の日に体調回復していることを祈りながら寝たのですが、翌朝もダメだった為、朝・昼食を抜いてひたすら睡眠をとりました。(朝食をとらないのはいつも通りなのですが)

そして15時過ぎごろ復活しました。
復活し過ぎて17時に至るころには歌なんかを口ずさんでいたくらいです。
とりあえず、良かった。

偉大なる師匠の姿をイメージ…

基本的に体の為には少食という思考の為、こんな時は水分だけはしっかり摂って、あとは食べずにひたすら寝ることにしています。

こんな時に浮かぶイメージは動物たち。
具合が悪い時には餌も食べずにひたすらじっとしている…そして、回復したら餌を食べる。それが回復の証、みたいな。
体調が悪くて多少気弱になっている時には動物たちが師匠のように思えるわけです。
それが自然の姿。私たち人間も生物なのだから、なんて言葉を噛み締めます…。

そんな力強い師匠のイメージのおかげで無事に回復して、夕方にはすっかりお腹が空いてしまったので、変な時間に残り物のおでんを口にしていたのですが。
(まあ、それはそれでどうなんだ、という話ですが)

さて、反省だ

さ、とにかく自分流の回復術が功を奏したのは良かったとして、まずはこうならないようにしたいものです。
いつ何時でもたっぷり寝られるとは限りませんから。

今回は首のこりから始まったような気がしています。
もともと肩こりよりも首のこりがひどいタイプではあります。
でもスマホもパソコンもいつも通りだったけどな〜。

思い当たること その1

ちょっと変わったことといえば、久しぶりにお菓子をお腹いっぱい食べたことでしょうか。
普段食べつけていないものをお腹いっぱい食べちゃダメでしょうね。
途中で「ちょっと多いかも」と思ったら、それはストップのタイミングだったのでしょう。
「湿気るしな〜」って思っちゃダメですね。
でも美味しかった(笑)
もし今度食べるとしたら、そのときはちょっとずつにします。

 

思い当たること その2

あとは天気でしょうか。
気圧や気温の変化で自律神経が乱れて頭痛や肩こりなどが出てくる「気象病」なるものが最近話題になっているようです。
それも考えられるなぁ。というか、それが大きいかなぁ。

気象病の場合の対処法としては、至極王道の健康法で「ストレスをためない」とか「規則正しい生活をする」とか「適度な運動をする」などのようです。
う〜ん、ストレスはほとんど感じていない。
規則正しい生活…早寝早起きではないけど、自分なりのサイクルはある。

あとは運動かぁ。
確かにしてないかも。
歩くチャンスがあれば歩くようには心がけているのですが、それほど積極的ではありません。

こうなったら、うちで埃をかぶっているWii Fitでも引っ張り出してきてやってみようかしら。室内でできるので日に当たらないし、雨でもOKだし。
最近ヨガに興味が出てきたし。

結論

ということで、少し体を動かすことを頑張っていこうと思います。
体が引き締まってくれれば更に良いですしね。
「食欲の秋」に怯えず、「運動の秋」で迎え撃ちたいと思います。

《おすすめ記事》
朝食をやめてみた 〜良かったことと残念なこと〜
朝食を抜く生活になって4〜5年経ちます。 きっかけは、食べ物の消化吸収には長い時間が掛かる為、 3食食べると消化器官が休まる時がないというようなことをどこかで耳にしたからです。 特に胃腸が弱い人...
夏のデトックス祭り 2018
夏の開放感と日差しの明るさに乗せられて、”心も体もスッキリしたい”なんて、こんな面倒臭がりの私でもつい思ってしまいます。 夏の初め頃にデコルテが汗湿疹になってしまった反省で足湯を頑張っている今日...

コメント

タイトルとURLをコピーしました