【京都】Walder(ワルダー)で白みそあんぱんと酒飲みのためのパン

行ってみた・食べてみた

パン屋さんは視界に入っただけでときめく場所の一つです。
最近は本当にいろんなパン屋さんがあって、それぞれこだわって作っておられて個性も豊かですので、どう考えても世の中のパンを食べ尽くすなどという野望は叶いそうにありません。

スポンサーリンク

Walder(ワルダー)

定期的に行っている京都でお気に入りのパン屋さんがこのWalder(ワルダー)です。有名なお店ということで、一度目は妹に連れられて行ったのですが、それからすっかりはまりました。

こじんまりした可愛らしいお店で、豊富な品揃えのパンがぎっしりと並んで出迎えてくれます。
特にハード系のバリエーションが豊富で私には珍しいものも多く、初めて入った時「選びきれない!どうしよう」と軽く焦ったほどでした(笑)

何回か行きましたがどれを食べても美味しかったので、毎回できるだけ食べたことがないものを選ぶようにしていますが、一度に美味しく食べられる数には限りがあるので、毎回後ろ髪を引かれる思いで店を後にしています(笑)

今回も悩みに悩んで下記の2つを厳選してみました。

白みそあんぱん

ころっと可愛らしいキューブ型あんぱんから、今回は「白みそ」をチョイス。白みそって美味しいに決まってる!

白みそのコクと甘みがしっかりしていて、小さなキューブなのですが十分な食べ応えでした。おまんじゅうをいただいた後の満足感に近いかな。

お茶を丁寧に入れて、じっくり味わいたいパンでした。
お値段は¥100(税抜)。値段も可愛いです。

酒飲みのためのパン

まずは名前を二度見!あんまり飲まないけど買ってもいいかしら?(笑)

こちらは4種のこしょう、クランベリー、クリームチーズ、カシューナッツ入りのハード系スティックパンです。

(なぜか細長い食べ物が好きな私。
隣にあったスパイシーなチョコレートのハード系スティックパンも大好きなパンです。)

なぜ「酒飲みの〜」なのか、早速食べてみました。
口の中にうわ〜っと胡椒の風味が広がります。スパイシーで華やか!後からクランベリーの甘酸っぱさが追いかけてきて、クリームチーズのまろやかさとカシューナッツの歯ごたえがアクセントになっています。
パン自体もハード系で、噛めば噛むほどの味わいでした。
美味しい!気に入った!

甘みよりはスパイシーさが前面に出ているパンで、なるほどこれが酒飲み向けの所以なのですね。
お酒はそれほど飲みませんが、お酒のアテは大好きな私。
名前で選んで正解でした。

こちらのお値段は¥220(税抜)でした。

Walderお店情報

所在地:京都市中京区坂井町452 ハイマート・ふや町 1F
電話番号:075-256-2850
営業時間:9:00〜19:00
定休日:木曜日

Walder Facebook

《おすすめ記事》
【紅茶専門店 京都セレクトショップ】キャラメル・チャイ/ルイボスティー
紅茶専門店の京都セレクトショップへ、用事のついでに立ち寄ってみました。 いつもは通販で買い物しているので、実店舗へ行くのは初めてです。 (なんとこちらのネットショップは個数、金額にかかわらず送料が...

コメント

タイトルとURLをコピーしました