ヘアブラシの重曹つけおき洗いが簡単・綺麗

シンプルライフ

ほったらかしのボブがすっかり伸びて肩よりも長くなり、猛暑ということもあって、まとめ髪が定番になった今日この頃、頻繁に使うようになったのがヘアブラシです。
短いボブの頃はつげ櫛でよかったのですが…。

ということで、使用頻度が上がった故に、これまた頻繁にする必要が出てきたヘアブラシのお掃除です。

少し調べてみようものなら「シャンプーでつけおき洗いが簡単」という情報がどどっと出てくるのですが、髪にも使っていないシャンプーをブラシに使うのもな〜なんて今ひとつ乗り気になれないでいた私、「重曹のつけおき洗い」という情報をキャッチ致しました。
※使っているのはプラスチック製のブラシです。

いわゆる普通のシャンプーをやめてみた〜ハーブシャンプー使用へ
持ち物の仕分け・整理の中で思うことを色々と綴っておりますが、すでに手放してみたものについても綴ってみようと思います。その後どうなっているか…ということなどです。まずはシャンプーをやめてみたお...

重曹だったらいいかも♪…ということで、早速トライです。

スポンサーリンク

プラスチック製ヘアブラシを重曹でつけおき洗い

いくつかの情報を見て、結局は私のさじ加減でやってしまったのですが(笑)、結果は大成功でした♪

1.洗面器にブラシが浸かるくらいのぬるま湯を入れ、重曹を大さじ山盛り1杯ほど溶かす。
2.20分ほどつけておく。
3.しっかりゆすいでタオルで拭き、乾かして完了。

か…簡単すぎる。

木製や動物の毛のブラシはつけおき洗いはできませんが、プラスチック製なら大丈夫です♪

つけおきは半日か少なくとも数時間は必要かと思っていましたが、数十分後に見てみたところ、すっかり綺麗になっていました。
※私は整髪料をつけないので、もしかしてそれも影響しているのかもしれません。

重曹の量、お湯加減、つけおき時間などは整髪料の使用の有無や掃除の頻度によっても変わるかもしれませんが、適当にやっても綺麗に落ちたので、ちょっと呆気なく感じたほどです。

以前の掃除方法

以前は、冒頭で書いた通りシャンプーのつけおき洗いを避けた為、地道に楊枝や使い古しの歯ブラシなどで汚れをこそげ落とすように掃除していたのですが、とても時間がかかる上に、完全には汚れが落としきれていませんでした。
(単純作業に没頭する時間は嫌いではなかったのですが、いつも時間に余裕があるわけでもないので、早く済むならそれに越したことはないです)

それが、数十分のつけおき洗いですっかり綺麗になってしまって、ちょっと拍子抜けするくらいです(笑)。
なんでもっと早く見つけられなかったんだろう…と思いますが。

ブラシにガーゼを付けるという方法も随分前から採用してますが、まあ、櫛部分は汚れますし、ガーゼを捨てるときに汚れを全部こそげてくれるかと思いきや、それもなく(笑)。
もはや意味があるのか微妙ですが、ガーゼ自体も汚れが付いてたりもするので、多少は意味があるのかも、と思っています。

嬉しい♪

めんどくさがりにとっては、定期的にしなきゃいけない用事が手軽に済んでしまうアイデアは本当にありがたいものです♪

地味に嬉しい♪

《おすすめ記事》
仕分け#30 つげ櫛 〜身代わり兼用?〜
つげ櫛愛用者です。 プラスチック製のブラシで全体をとかしてから、つげ櫛で梳いて仕上げるという手順です。 使用感もいいですし、髪につやも出るのでお気に入りなのですが、長年使用して随分歯が折れてし...
めんどくさがり女子向けの最強ヘアスタイルはボブ?
もう随分長い間、ヘアスタイルはショートボブ〜ボブを行ったり来たりしています。 理由は一番手がかからないと思うからです。 ボブカットの楽なところ ・乾かすだけでOK ・ロングより乾くのが早い...

コメント

タイトルとURLをコピーしました