仕分け#15 ショップの紙袋 〜気付けば増えているもの〜

仕分け日記

恐ろしいものです。
人間には死角というものがあります。
心理的な意味でも、それは存在します。

紙袋は随分前に結構処分したと思っていたのに、まだ結構残っていました。
あれ〜?

仕分け結果はもうすでに出ています。
処分です。

スポンサーリンク

どうして残っていたのか?

紙袋は随分前に結構処分したつもりでいました。

丈夫そうで、サイズが絶妙で、デザインもお気に入りものという厳しい条件のもと、厳選した数枚のみ残しておいたつもりだったのです。
ところが今見てみると、そんなに丈夫そうでもなく、サイズもなかなか使いにくいものもあり、枚数も想像の倍以上も溜め込んでいたのでした。

まあ多分、買い物から帰ってきて、早く片付けたい一心で、よく考えもせずにちょっとかわいいなと思うモノなら、ポイポイと紙袋入れに突っ込んでいたのでしょう。

私の場合、ブランド物は持たないので、その多くはチョコレートや香水のお店の紙袋です。
そういう紙袋は小さくてしっかりしていてかわいい!
(ちなみに服はネットで買うようになった為、服屋さんの紙袋がほとんどなくなりました)

あ〜…思い返すと今年の初めの「サロン・デュ・ショコラ」あたりだな。
(チョコレート好きが待ちに待っている、年に一度のチョコレート万博のようなイベントです)
チョコレートには思い入れも強く、出先から帰ってきてバタバタと、半ば自動運転的に判断していたので、気づいたらこんなことに。

しかも「紙袋は仕分け済み!」という思い込みもあったので、なかなか見直すこともありませんでした。
盲点でした。

長年染み付いた「紙袋はとっておく」という習慣がなかなか抜けないのです。

紙袋、何に使う?

なぜだかわかりませんが、昔は結構使っていたのです。
モノの貸し借りが多かったのか、はたまたサブバックとして使っていたのか、そういう時代だったのか?
今となっては全然ピンときませんが、とにかくよく使っていたので、ためこむ習性がついてしまったようです。
しかも、結構根が深そうです(笑)

溜め込んだところで、今はほとんど出ていきません。
人様に何か差し上げるなら新しいものを使うし、サブバックとして紙袋は使わないし。
改めて考えても、我ながら「なんで?」という感じです。

もはや癖なのかもしれません。

仕分け結果、というか対策

前回仕分けした時よりも更に減らした…というか、1枚のみにしたので(雨の日に使えそうで、かわいいやつ1枚を残した)紙袋入れをなくしました。
これで、入れようにも入れるところがない。
ふふふ。
これでどうよ、私。

ということで、こういうこともあるので、時を改めて何度でも見直しはしようと心に誓ったのでした。

《おすすめ記事》
仕分け#27 クリアファイル 〜いくつあっても困らない…とは限らない〜
スマホ、タブレットの活用で大方の文房具・事務用品は処分したつもりでいたのですが、ふと気づくと大量のクリアファイルが”溜まって”いました。 絶対こんなには使わないし…。 よく、人に差し上げる...
仕分け#38 空き缶・空き箱 〜ビジュアル担当〜
持ち物を必要最低限に減らしてスッキリした空間で暮らしたいと思った時、真っ先に減らすのは「飾り物」かと思います。無くても済むからです。それに何もない空間というものも美しいものです。だから理想とし...

コメント

タイトルとURLをコピーしました