仕分け#12-3 香水 〜【Jo Malone London(ジョー マローン)】 フィグ&ロータスフラワー が好きすぎる

仕分け日記

時々このブログで熱い思いを綴っている香水(ほぼ ジョーマローン)ですが、実は少し前から新たにレギュラーメンバーに迎えた香りがあります。
それは…フィグ&ロータスフラワー

公式から届いたDMを見た時から思いを募らせ、使い続けて半年が過ぎました。
半年経っても変わらない思いは…好きすぎる。

フィグ&ロータスフラワー コロン 100ml ¥17,600(税込)

果物でもフィグ(イチジク)大好きな私。
公式のコピーに心躍りました♪↓

古代の空中庭園の煌めくような池に浮かぶ甘美なロータスーフラワーからインスパイアされた香り。繊細でみずみずしい花びらが涼しげに水路を流れています。ジューシーなフィグが豊かな木々を織りなします。洗練された風景を連想させるような落ち着いたネロリが、ライト フローラルの香りに加わります。

素敵♪
嗅いだことなくても、文章だけで好きだと思いました(笑)。

ワードがもう…

古代の空中庭園…ロータスフラワー…涼しげ…水…フィグ…

はい、好き。

実際手持ちの香水はまだまだあるので、完全に欲しいから買う、という代物になります。

でも、この内容だし、大好きなジョーマローンだし…ということでまずは計り売りのものを買って香りを確認してから、思い切って100mlを購入しました♪

私の感想

公式の説明は上記の通りなのですが、実際嗅いでみた私の感想は…

フィグといっても、とてもフレッシュな印象を受けました。また、一緒に香る丸みのある香り…と言いますか、それがロータスフラワーなのかな?嗅いだことないけど。とてもまろやかで落ち着きのある甘さです。
でもフィグのすっきりさとみずみずしさも同時に感じられます。

初めて嗅いで気に入って、何日かつけてもまだ好きで、最初にお試しで買ったミニボトルが無くなることには「手元になくなるなんて考えられない!」とまで思うようになったので、本製品の購入に至りました。
今は自分の通常使いになっています。

すっきり軽やかな香りは持ちが悪い私なのですが、この丸みのある香りが割と定着がよいと感じます。

ちなみにジョーマローンでは違う香りを同時使いするコンバインニングを提唱?していて、普段は私もそうしているのですが、このフィグ&ロータスだけは単独で使うのが好きです。
この繊細な香りがいいんです♪

おまけのポピー & バーリー コロン

購入時、キャンペーンにておまけのサンプル9mlをいただきました。
ポピー&バーリーです。

こちらはポピーのフローラルな香りをローズとバイオレットで強調し、トップノートにはジューシーなブラックカラントを添えたという香りです。

実は正直、あんまり興味がなかった香りなのですが、これが実際嗅いでみたら意外と好きでした(笑)。
元気になる、気分が上がる香り、という印象です。
フローラルなのですがブラックカラントも入っているためか、甘いだけではない感じです。
香りもはっきりしていて、私が元々好きな軽い系の香りよりも持ちが良い印象です。
これはこれで、気分転換になる香りだな、と思いました。

9mlって実は結構持つんですよね。
嬉しいプレゼントでした♪

仕分け結果

以前からジョーマローンの香水を愛用していますが、基本はレッドローズでした。
それが今ではこのフィグ&ロータスフラワーに変わったということで、まあ私も年齢を重ねていますし、こういう移り変わりもあっていいかなと思っています。

100mlのボトルはまだまだたっぷりありますし、私の好みとしてもまだまだ大好きですし、安心して毎日使っていたいなと思っています。
(ちなみに外出しなくても毎日香水はつけます。というか、つけるようになりました。古くなったら変質してしまうと思うので、それなら勿体ぶらず、自分のためだけだとしてもしっかり楽しまなきゃな、と思います)

《おすすめ記事》

コメント

タイトルとURLをコピーしました