仕分け#74 レインシューズ 〜持ってる今でもマストとは言い切れない〜

仕分け日記

雨のシーズンになりました。

レイングッズといえば、まずは
その次くらいにレインコートレインシューズでしょうか。

持ち物のミニマル化を進めていく中で「レインシューズ」というのはなかなか悩ましいアイテムだと思います。

それこそ「天候によるから」なんですよね。

スポンサーリンク

迷ったら、まずは買わない

少しでも不安があれば絶対に準備しておく、というタイプの方は別として、レインシューズを買うか買わないかというのは意見の分かれるところだと思います。

雨以外には使えないからです(う〜ん、至極当然)。
しかも小雨くらいでいちいち履き替える人もいないでしょうから、かなりの大雨でないとまずは履かないですよね。
とにかく用途が限られたアイテムということですね。

しかもレインシューズを履くタイミングというのも難しい。

出がけに大雨だったらすんなり履けるけど、そういうことは稀で、どちらかというと出先で降られることの方が多いのではないでしょうか。
そうなってくると天気予報で大方の予想はついても降らないこともあるし、降っても大したことないレベルだったりもする。

雨予報の日は皆さん大なり小なり「賭け」をしている気持ちじゃないでしょうかね。

それにレインシューズって水を侵入させない造りになっているので、長いこと履いてると蒸れちゃうんですよね。
だから出先が屋内だったら、そこでは普通の靴を履きたい(わがまま?)。

ということで、よっぽどの大雨の最中に出かけて帰ってくる、というシュチュエーションでなければ、靴の2つ持ち、もしくはずっとレインシューズで足蒸れ蒸れ、という苦難に耐えなければならなくなります。
辛い〜。

まあ、レインシューズがなくても結局同じ苦難に耐える必要も出てくるんですけどね。

悩ましいけど、結局はほぼ同じ苦難だったら、とりあえずは「買わない」とか、せめて「様子見」ってことになっちゃいます。

ということで、とりあえず数十年も買わずになんとかやり過ごしていました。

…そうだ、レインシューズに見えないレインシューズとかってたまに見るけど(足首が見える、一見普通の靴みたいなタイプ)あれって、雨が足首辺りから入ってこないんですかね?
そもそも検討すらしたことないですけど…。
あれは「濡れても平気」というのが売りなんでしょうか?

ついにレインシューズを買う

そんなこんなでなんとかレインシューズを買わずにやり過ごしてきた私が、ついにレインシューズを買ってしまいました。(”しまった”ってのもなんですけど)

数年前ですが、その年はゲリラ豪雨が多く、傘なんてほとんど効力を発揮せずに、何度も何度もずぶ濡れになって、しかも連日の雨で靴が完全に乾く間もなく、翌日湿った靴を履かなければいけなかったり…といった経験をしたからです。

その時は車通勤だったのですが、片道1時間ちょっとの道のりを服から靴からずぶ濡れ状態のまま、シートベルトできっちりシートに密着させられて(言い方)座っていなきゃいけないなんて、なかなかの地獄です。

服についてはレインコートが100均ですぐに買えるのでまだいいとして、靴についてはそうもいかず、しばらく大変でした。
駐車場から職場まで遠かったし、地面の具合でしょうか、水たまりがもう…池みたいになっちゃうんですよね(笑)

ということで、それほど辛い目に遭わされて(言い方)、さすがの腰の重い私もやっとレインシューズを買うことにしました。

それが写真のレインシューズです。
形は迷いましたが、サイドゴアタイプにしました。
用途を考えれば長靴タイプがベストなのでしょうが、私はパンツスタイルがほとんどなので短いものを選びました。

まあ、その年はそれなりに履きました。
大雨の時にはゴム製の靴ほど心強い履物はないですね。
染み込んでくることはまずないですから。
レインコート替えの靴タオルやなんだかんだと雨の日は大荷物でしたけど、屋内では快適に過ごせましたから。

ただそれ以降は…なかなか出番がないなぁ…(遠い目)

仕分け結果

本当に条件次第のアイテムなんですよね、レインシューズって。
代わりがないアイテムだけど、出番は極端に少ない。

そういうアイテムが必要かどうかというのは、買った今でも正解がわからない(笑)

洋服は1年着なかったら捨てろ、なんてよく言いますけど、レインシューズだけはそういうのともちょっと違う気もするし…。

とはいえ、古くなって捨てた後に、すぐに新しいのを買うかといったら…それはわからないな〜。
だって、いま写真を撮るのに久しぶりに出してきたら埃をかぶってました(笑)。
かわいそうに…。

ということで、とりあえずダメになるまでは持っていて、その次に買うかどうかはまた改めて悩む、というのが今回の仕分け結果です。

それはお天道様しだい…といったところですかね。

《おすすめ記事》

コメント

タイトルとURLをコピーしました