ダイソーで液晶保護フィルム(iPhone用) 〜え、前のより良いんだけど〜

シンプルライフ

先日、3年越えになる私のiPhone(のバッテリー)について書きました。

何度フルにしてもすぐに半分以下にまで減ってしまうバッテリーのおかげで、iPhoneからケーブルを抜くのも面倒で挿しっぱなしという状態になってしまい、これこそ「マウス」じゃないかと思ってしまうような代物になっていました。

ということで、腰の重い私もこればかりは早くしなければと早速バッテリー交換をしてまいりましたよ♪

そしてバッテリー交換をしたらしなければいけないのはフィルムの張り替え。
というか、交換作業で必ずフィルムは外さなければいけないとのことでしたので、新しいものを用意する必要がありました。

さらに、使うならフィルムをつけた状態じゃないと怖いので早急に用意する必要がありました。
となれば、いつもの頼れるあの店です。

そう、ダイソーです。

スポンサーリンク

DAISO 多機能加工を施した「高機能フィルム」 for iPhone8&6/6S/7 ¥108(税込)

こうやって見る限り、なかなか立派なものですよね。
なんだか100円ショップの商品とは思えません。
パッケージデザインってほんと大事だな…。

こちらの他にも数種類のフィルムを扱っていて普通のお店感覚で選べたのは嬉しい驚きでした。
私は6Sと少し古い機種になるので扱いがあるかも心配だったのですが、こちらのパッケージを見る限り8や7と同じサイズだったようで良かったです。

多機能加工とは…

多機能加工の「高機能フィルム」ということですがパッケージに書かれている機能は
・衝撃を吸収する
・ブルーライト約32%カット
・指紋が付きにくい
・気泡が入りにくい
の4つでした。
ちなみにクリーニングクロス付きです。

いくつかの商品がある中でこれを選んだ理由は「ブルーライト約32%カット」という加工がされているところでした。
やっぱり目の疲れ方が尋常じゃないので、少しでもそれを和らげたい気持ちは常にあります。
メガネもブルーライトカットのレンズを使っているので、これで更に楽になると良いんですが…。

フィルムについて・貼った感じ

パッケージを開けて実際のフィルムを見てみると、少し厚みがあってしっかりしたもので、両脇を指でつまんでも形を保っているくらいの硬さがありました。
確かにこれならゆっくり貼り付ければ気泡が入りにくそうです。

丁寧にiPhoneの画面を拭いた後、慎重に位置合わせをして貼り付けました。
微妙に斜めになったので1回やり直しましたが、確かに綺麗に貼れます。
これ、1回で決められていたら本当に気泡もホコリも入り込まずに貼れそうでした。
貼り直したらちょっとホコリが入っちゃって、それを慎重に取ったつもりが他の細かいホコリを呼んだりしてちょっと焦りましたが、まあまあ納得の仕上がりになりました。

実は前まで貼っていたフィルムがなんだかんだで汚れていたので、フィルムが新しくなって一切汚れがなくなったので、本当に綺麗になりました♪
というか、安いんだし、何にも問題がなくてもフィルムが汚れたら張り替えたら良いんだな…(今更…)

裏面チェック

裏面にはサイズや注意事項が記載されています。
またパッケージ(二重折り)の内側には貼り方、剥がし方も説明書きがありました。

サイズも記載されていますが、まあ機種で選びますからね。
私はバンパーを使用しているのですが、それにも全く影響のないサイズでした。
注意事項にも記載があるのですが、両脇は「画面サイズから0.5mm程度サイズを小さくしている」らしいです。
なので、貼り付けがずれるとちょっと気持ち悪いかも(笑)
私はそこをびちっと狙いに行きましたが、どうしても微妙にずれてしまいました…。
まあ、しょうがない。

使用感

以前よりも綺麗になったフィルムで数時間使ってみましたが、なかなか良い感じです。
確かにブルーライトカットっぽく、光がマイルドに感じられます。

そして以前貼っていたフィルムよりもやはり若干厚みがあるようで、ホームボタンを触るときに若干今までよりもボタン位置が深く感じられますが、別に問題はありません。

いや〜、前は確か100円じゃなかったはずだけど、これでも全然遜色ないな〜。
まあ、新しいのもあるかもしれないけど。

ありがとうダイソー。

iPhoneのバッテリー交換についてさらっと…

バッテリー交換については詳細に書かれた情報があちこちに存在しているのでそれはそちらに任せるとして、覚え書きとして今回印象に残ったことなどを残しておきたいと思います。

持ち込み予約…めちゃくちゃスムーズだった

アップルサポートの公式からバッテリー交換を申し込んだのですが、これがスムーズすぎて拍子抜けするほどでした(笑)
いや、良いことなんですけど。

結局持ち込みすることにしたし、相談することなくバッテリー交換を希望したのでそのように選択し、進めていったのですが、位置情報から近くの直営店または正規サービスプロバイダをリストアップしてもらい、そこを一つ選ぶと、もう空いている日程と時間枠がずらっと出てくるので、そこから都合の良い時間を選ぶとすぐに「予約完了しました」的なメッセージが出てきました。

早っ!(笑)

その後すぐにリターンメールが来て、予約内容の確認やキャンセル、変更も可能なリンクが貼られていました。

実は少しスケジュールが変わって変更などもしたのですが、それも上記と同じ流れであっさり変更することもできました。
楽ちん♪

バックアップは必須!…だけど、必ずしもデータが消去されるとは限らない

バッテリーの交換ということでデータは必ずバックアップを取る必要があったのですが、これには少し気を使いました。

私はMacのiTunesで全てのバックアップを取っているのですが(他にはiCloudで重要なデータだけをバックアップを取る方法もあります)、アプリによってはその中身のデータは個別にバックアップを取る必要があるらしいので(LINEのトークなどなど)色々調べたりしました。

私の場合、GarageBand(音楽作成アプリ)の曲データとLINEのトークくらいだけ少し気を使いましたが、まあそれでも「全部消えたら…」なんて考えるとちょっと慎重になったりします。

実際持ち込んだところ、事前説明として「必ずデータが消えてしまうわけではないですが…」との説明でしたが、可能性はあるということですね。
どちらにしろバックアップは必須で。
実際私の場合はデータは全く消えずにラッキーでした♪
引き取ったらすぐに元どおり使えるので…。
これが全部消えていたら、家に帰って復元するまでは使えないですし。

普段いかに依存してるか、思い知らされる(笑)

修理の際には「iPhoneを探す」機能をオフにする必要があり、それにはAppleIDやパスも必要になってくるのですが、その覚え書きや(もちろん覚えてない)、その他諸々、普段はiPhoneを使ってサクッと調べたり確認していることが、それが使えないとなると途端に不便になることを実感させられました。

いや〜ちょっと依存しすぎですね(笑)
怖い怖い。

もし急にiPhoneが使えなくなったらどうするか…みたいなシミュレーションもしておく必要があるな〜と思いました。
iPhoneさまさまだ(笑)

バッテリー交換後

バッテリー交換後は「活きの良さ」みたいなものを感じました(笑)
別にバージョンアップしたわけでもないですが、充電の持ちがいいのはもちろんなんですが、なんだか「活き活きしてる」みたいな感じがしました。

これでまた2年くらい保たせられる…かな?(笑)
また今回の一連で色々勉強になりました!

《おすすめ記事》

コメント

タイトルとURLをコピーしました