「うたた寝」よりも「パワーナップ」の方が色々良さそうだ

BODY/MIND

生まれついての宵っ張りです。
夜、大好き。

別に人の目を気にするような趣味などはないのですが、静かで暗い方が集中(熱中?)できるのかもしれません。

ということで、夜の睡眠時間はどうしても短くなりがちの私。
そして昼間はなんとなく眠た〜い感じがまとわりついております。

なので時々必要になるのが昼間の仮眠。
うまくいけば頭はスッキリ、気分も爽快なのですが、下手をすると体のだるさや頭のボーッとする感じが悪化するという代物。

でも最近では「パワーナップ」なんていうスタイルがあるそうで…。

スポンサーリンク

「パワーナップ」なんて言われるとむしろ”やるべき”みたいに聞こえる不思議

お昼ご飯を食べた後の昼過ぎ…。
どうにもならない眠気が襲ってくる時間です。

「…あ〜、ダメだ。ちょっとだけ目をつぶろう」なんていう仮眠の入り口が私の常でした。
この「ちょっと、すみません!」という感じ。
睡魔に負けた感(笑)。

でも最近は「パワーナップ」なんていって、効果的に短時間の睡眠をとることで、パフォーマンスを上げたり、疲労を回復したりといった効果が認められてるそうです。

睡魔に耐えて耐えてこっくりこっくりやるよりは、「よし、パワーナップとるぞ!」としっかり臨めばその方が自分にも周りにも良いんですね。

この、「入り口」を変えれば、途端に「できる人」になれる感じ(笑)
いいですねぇ。
これからは「ちょっとパワーナップ入りますんで(キラン☆)」って言えばいいんだ。

成功のコツ

短時間の睡眠でスッキリすることもあれば、かえって真逆の状態にもなりかねないことも。
いくつかの注意点があるようです。

・横にならない

・寝過ぎないこと(20分前後。長くても30分以内)

・正午〜午後3時くらいの間にとる

いずれも深い眠りに落ちない為と、夜の睡眠に影響を与えない為のポイントです。

さらに、カフェインをパワーナップの直前にとると良いそうです。
カフェインは摂取後30分後ほどで効果が現れるそうなので、スッキリ目覚める助けになるとのこと。

もし場所的にOKなら、私の場合、環境音のアプリで鳥のさえずりや、川のせせらぎなどを聞きながらパワーナップをとるのがお気に入りです♪
めちゃくちゃリフレッシュできます。

タイマー機能のある瞑想アプリなんかも良さそうですね。

私の場合、朝の目覚めよりも、こういった昼間の短時間睡眠の後の方がスッキリ感を感じます。
まあ、夜の寝方に問題があるのかもしれませんが…(^^;;

 

↓こんな抱き枕(?)があるらしいです。これ、いいなあ…

ということで…

ということで、これからは大手を振って(?)「パワーナップ」をとりましょう♪

※パワーナップに効果があるとはいえ、夜の睡眠はもちろん大事です。
昼、寝られるから夜、あんまり寝なくてもいいや〜なんて生活スタイルはやめておきましょう(→それは私)

《おすすめ記事》
体調不良は食事抜きと睡眠で治す!
一昨日の夜から昨日の昼過ぎまで体調不良でダウンしておりました。 吐きそうとか激痛とかではないものの、頭が重〜くて、首がパンパンに張っていて、何だか横になりたい…というもの。 何かする気力は起きず、...
寝不足の私は私じゃない 〜寝不足の実害〜
人間にとって最適な睡眠時間とは?なんてよく耳にする話題ですね。 ショートスリーパー、ロングスリーパーという言葉もあるくらいで、個人差も大きい問題なのでしょうが、全く寝なくても生きていける人とか、...

コメント

タイトルとURLをコピーしました