【京都】たま木亭 〜これが噂のパン屋さん〜

行ってみた・食べてみた

たま木亭(パン屋さん)に行く!という家族に便乗して行ってまいりました、京都の宇治へ!

今までお土産で貰ったことはあっても、実際に行くのは初めて。
種類が豊富で、どれを食べても美味しい♪と耳にしていたので、実際に自分で選べるのがかなり楽しみだったのですが、同時に人気過ぎてお客さんが多くて買うのも大変とも聞いていたので、ちょっとドキドキはしていました。

スポンサーリンク

【京都・宇治】たま木亭

駐車場がP1〜P6まであるらしいので、壮絶な駐車場競争をイメージしてしまったのですが、平日お昼の11時くらいだったからか、それとも本当にたまたまなのか、そこそこ近い駐車場(結構空いてた)にすっと停めることができました。
ラッキー♪

看板目指して歩きます♪

お店の前に着くと警備員さん(?)が入り口へ案内してくださって早速店内へ♪

美味しそうなクリームと具材を挟んだものや、サンドイッチ、ハード系のものや、具材の組み合わせのオリジナリティが光ってるパン…とにかく種類が豊富でありきたりな感じも全くないラインナップに「すごい!」「これも良い!」なんてテンション高く感動するだけで、ここから現実的にいくつかを選ぶなんてできそうにもないと思いました(笑)

正直「ギブ!」という感じ(笑)。

まあそれでも、手ぶらで出るなんてことはありえませんから、思考停止状態の頭を必死で動かしてなんとか2つチョイスしました。

クニャーネ ¥200(税抜)

これはとても有名で人気らしいので、行く前から決めてたものです。
注文してからクリームを詰めてくださるのものなので、サクサクを味わいたくて、車に戻ってすぐに一口だけ急いで食べてみました!

想像ではサクッとした食感のほろほろ崩れる生地だったのですが、思ったよりもカリッとしたパイのような生地でした。
なので、噛んでもコイル状の生地が輪っか一つ分崩れるだけで全体はしっかり形を保ってくれているので、デリケートなお菓子というイメージの割には食べやすかったです。

クリームも普通のカスタードよりももっとゆるいテクスチャーで優しい甘さ、とても風味の良いクリームでした。
生地との相性抜群♪
個数制限があるのもわかります。
これは何個でもいけそうになりますわ。

チェダーアマンド ¥220(税抜)

「クニャーネ」は前もって決めていたものの、後は選ぶのに本当に苦労しました…。
で、これです。
決め手はチーズとアーモンドの組み合わせで、甘じょっぱい味というところでした。

アーモンドクリームが表面を覆っていますが、こちらがフィナンシェのような味わい。
アーモンドのコクのある、じんわり優しい甘さの生地です。
で、パンの中にはオレンジ色のチェダーチーズがたっぷり!
その組み合わせの甘じょっぱさは、甘いものが苦手になってきた私にとって「ツボ」な美味しさ♪

甘いとしょっぱいの絶妙なポイントで味はくどくないのですが、アーモンドもチーズも比較的重ための食材なので(紙の袋にも結構油がにじんでました)、食べた後は結構お腹にたまる感じがしました。

でも美味しかった〜♪

おまけ♪本日のお茶「黄枝香」

当日持参したお茶(中国茶)は神戸中華街で買った「黄枝香」。
ほのかな苦味がしっかりした風味のパンの後味をスッキリさせてくれて良い感じ♪

どんなパンを買うことになるかわからないので当てずっぽでのチョイスでしたが、結果、良い組み合わせでした。

まだまだ気になるパンはたくさんあるので、また何度でも通いたくなるお店でした!

以前は”せっかく来たから…”とこんな時は4つも5つも買うタイプだったのですが、長い間持ち歩いて、しかも一度に食べきれず、翌日風味が落ちてしまって残念になることも多かったので、最近では”その時一度に食べきれる分だけ買う”を心がけております(笑)

ちなみに今回はたまたま空いているタイミングでお店に入れただけのようで、ほんの数十分後駐車場に戻ってみると、車はびっしり停まっていました。
ラッキーだったんだ…。

たま木亭オフィシャルサイト

《おすすめ記事》

コメント

タイトルとURLをコピーしました