【不二家】サーティワンチョコレート(チョコミント)/【森永】ベイク ミント

チョコレート

チョコミントフェスティバルinはる宅、第3弾です。
写真の色合いが清々しいですね。

昨日の第2弾で「連続で食べるとそれぞれのミント具合がちゃんと比較できない」という問題が浮き彫りになりましたが、仕方ありません。
それでもやっぱり食べ比べが楽しいのです。

今日は違うメーカー、違う商品の食べ比べです。
楽しみです。

フェス第1弾はこちら↓

フェス第2弾はこちら↓

【不二家】サーティワンアイスクリームチョコレート(チョコレートミント)10枚 ¥140(税込)

チョコミントの”そもそも”であるアイスクリームをイメージしたこの商品。
ある意味王道なのかもしれません。

そして携帯に便利な形・大きさではありますが、季節柄ファットブルーム(高温で溶けたチョコの油脂分が分離し、冷えて白く固まったもの。風味が落ちます)には要注意であります。
ほんと、この時期のチョコレートの扱いには気を使います…。

…と、話がそれましたが、早速頂いてみたいと思います。

あ、爽やかさが丁度いい!
チョコレートとミントのバランスが絶妙だと思います。
口の中に残る風味もチョコとミントが半々。
(今まで食べた中ではミントが強く残るものが多かったので、これは意外と新鮮)

冒頭で王道と言いましたが、味もまさしく王道といってもいいかも。

美味しいです♪

パッケージに書かれた「販売地域:日本限定」の文字に、なんとなく有り難みを感じます(なんで限定なんだろ?)。
でも日本人でよかった…。

【森永】ベイク ミント 10粒 ¥138(税込)

こちらは「チョコミント」味ではなく「ミント」味なんですね。
ベイク自体が「焼きチョコ」であるから、ということなんでしょうか。
潔いネーミングです。

こちらは夏でも平気、というタイプのチョコレート(準チョコレート)ですね。
頼もしい限り。

普通のベイクも結構好きなんですが、ミント味のこちら、どんななんでしょうか?
パッケージには「ミントレベル3」との表記が。
早速頂いてみます。

わっ、すご〜い♪
ふわっとしたとろけ方です!

ミント感は結構しっかりしてるのですが、ミントチョコレート部分が普通のチョコと溶け方が違うというか、ふわっとまろやかな口どけです。
だから、ミントが「尖ってない」というか、しっかりしてるのにまろやかさも同時に感じさせます。

美味しい♪

↑こちらパッケージ裏面の解説なのですが、この「ふわっととろけるミントチョコレート」部分がですね、ほんとに文字通りの口どけです。
それと、外側のパリッとした層との組み合わせがとてもいいですね♪

これは他のチョコミント商品と一線を画していると思います。

これも冷やして食べても美味しいかも。
ちょっとしたデザートですよ、この食感・口どけ♪

ということで、この「ベイク ミント」が2018《チョコミント》チョコレート、はる的暫定1位となりました。

美味しい!

《おすすめ記事》

コメント

タイトルとURLをコピーしました