無駄食いをやめる方法2選 〜私はこれでやめました〜

BODY/MIND

「無駄食い」って一般的に通じますかね?
「必要ない食事」…充分に食事を食べたはずなのに、まだそれ以上に何か食べたいと思って食べてしまう食べ方のことです。

今でこそ随分減りましたが、それでもモノによっては結構な量を食べられるタイプの人間です。
モノによっては…というのは、苦手な油物とか甘すぎるものなんかはあまり食べなくなってきたからです。
それでも量はいけるタイプでして。
一時期は、なんでもお腹いっぱいになるまで食べなきゃ気が済まない、なんて時もありました。

余計なものを口にすることが体に良いわけはないですよね。
無駄遣いにもつながりますし。

長い人生で(笑)あれこれ試した結果、今では対処法…というか理由がわかったので随分対応できるようになりました。

ただ、「無性に食べたくなってきた〜!」なんて状態になった時は暴走しがちなので、ほぼほぼ”未来の自分に向けて”戒めの意味で書き留めておこうと思います(笑)。

スポンサーリンク

それはきっと”バグ”だと認識する(笑)

「まだ食事をとってない」→「食べたいな」→正常な反応ですよね。
しっかり食事を摂るべきだと思います。

「ご飯食べた(お腹いっぱい)」→「でもまだ何か食べたいな」”バグ”(不具合)ですよね(笑)
偽物の食欲です。きっと。
本当はお腹が空いているんじゃなくて、逃避したいことがあるから、とりあえず「食べる」に逃げようとしているんだと思います。
もし違ったとしても、この際そう決めてしまってもいいと思います。

原因はストレス

眠たいとか、仕事や勉強が嫌だとか、環境が耐えられないとか…ストレスの原因はたくさんあると思いますが、それから「逃げよう」とか、「とりあえず何かご褒美がないとやってられない!」みたいな意識で「食べたい」という発想になっているだけだと、まずは自覚することが大事じゃないかなと気づきました。

そう、自分が”バグ”を起こしているだけだと(笑)

だからそのまま暴走するべきじゃないんですよね。
ということを、我にかえって気づかないといけないと思いました。

予防法:睡眠をしっかりとる

もちろんストレスに対しては、それ自体にしっかり向き合って解決しなければいけないし、やらなきゃいけないことは、どうにかしないといけませんが、すぐに解決できるポイントもあると思います。
それは「しっかり睡眠をとる」ということです。

振り返ってみると、自分自身の一番多かった原因はまず「寝不足」でした。
寝不足だとそもそも頭半分で動いているので、まともな判断ができなくなってるんですよね。

寝不足で動いていること自体がストレスなのに、それプラス、ちょっとした負担がかかろうものなら、もう大変!(笑)
「ダメだ〜!あ〜、なんか食べたい!」ってなってました。私。

それが、生活が変わってしっかり睡眠をとるようになったら、そういうことが激減したんです。
理性が働いているというか。

なので最近は間をすっ飛ばして「あ〜なんか食べたいかも」→「眠たいんだな」という解釈に変換します(笑)

可能なら少しだけ仮眠をとります。

これで頭はスッキリして理性は戻りますし、気持ちも落ち着くのでそれまでの暴走は随分収まっていると思います。

そしてやっぱり「ああ、食べたかったんじゃなくて、眠たかったんだな」と納得するのでした。

何かに没頭する

最近新しい趣味に没頭していまして…。
自分でカラオケを作って、全パートを自分で多重録音する…という遊びなのですが→別ブログにて更新中です♪《Hal-monia》

その作業をしている日は、文字どおり「寝食を忘れる」レベルまでのめり込んでいることに気づきました。
そして「今日、これやってなかったら、またダラダラ間食してたんだろうな…」と思うんです。

何かに没頭していると、頭が「食べるなんて、それどころじゃない!」という状態になるんですよね。
それで、別にお腹も空かないんです。

こうなってくると「食べたい」っていう発想、一体なんなんだろう?と思いますよね(笑)
ほとんど嘘なんかい?なんて。

日々の楽しみは受け身のものも、能動的なものもありますがこの能動的なもの…自分が動くタイプの楽しみが没頭できていいと思います。

受け身のもの…たとえば、何かの作品を楽しんだりといった楽しみもすごくいいですし、私も大好きですし、インプットとしても重要だとは思います。
でもこの時、絶対食べちゃうんですよ。(私だけ?)

でも自分が動くタイプの趣味をしている時は、手も頭も忙しく働かせているので「何か食べたいな」なんて発想、チラリとも浮かんできません。

だから、暇なのも危険なのかもしれませんね。
トラブルの解決(回避)法として、脳が「食べる」という選択肢を当たり前のように用意してしまってるなら、相当意識して外さないといけないかもしれません。

ローカロリーなものやヘルシーなもので我慢する→結局食べてる

どうしても食べたくなるので、代わりに、せめてカロリーが低いものを食べたり、どうせ食べるなら健康にいいものを食べる、という解決法もありますよね。
私も色々試しました。

でもこれ、結局食べてるんですよね。

その「代わりのもの」を食べ過ぎて、さらに勢いづいちゃって、結局いつも通りのお菓子のドカ食いコースへ!なんてことはザラでした。

食べ物で食べ物の問題を解決しようとするのは、かえって辛いと思います。
頭を切り替えて、食べ物を一旦頭から消さないと…。

この方法の効果

最近は「これはまやかしの食欲なんだ」とか「ああ、眠いんだな」なんて我にかえって理性を保つことで、随分無駄食いをすることは減りました。

あの、食べ過ぎた後に気持ち悪くなったりして「ああ、神様ごめんなさい!二度と食べ過ぎません!」なんて懺悔をする感じ(笑)…あの辛さを二度と味わわない為にも、何よりこれからの自分に対しての戒めとして、改めてここに書き留めておきたいと思います。

とにかく普段からしっかり睡眠をとって”自分らしい自分”でいることを、普段から心がけなければ。

そしてこれがもし、どなたかの参考になれば嬉しいです♪

おすすめ記事》

コメント

タイトルとURLをコピーしました