仕分け#28 ディスクカッター 〜我がチームからの勇退〜

仕分け日記

もうすぐ楽天スーパーSALEだそうで。
賑々しい広告が何度も目に飛び込んでくるわけですが、それをさらっとかわして、楽天市場の購入履歴へ入っていきます。

…そっか、5年前か。
長いような、短いような。
写真のディスクカッターの購入履歴を確認したのでした。

スポンサーリンク

5年前の自炊祭り

自炊とは

何のためにこのディスクカッターを購入したかといえば、自炊するためです。
と、このあっさりした文脈ではホカホカご飯が頭をよぎりますが、「紙の書籍を電子書籍化する」方です。
そういえば、最近「自炊」という言葉自体をあまり聞かないかも。
電子書籍がかなり普及してきたからでしょうか。

当時はまだ限られた本しか電子書籍化されておらず、欲しいものがない場合や、また、それ以前に持っていた本も自分で電子書籍化するしかなかったように思います。
それを代行してくれる業者もたくさんあったような…。
ま、それをしようと思ったわけです。

時代の波に乗ってみよう〜下調べ

時々テレビやネットで拝見するような、壁面を覆い尽くす書籍に囲まれて暮らす読書家の方や漫画愛好家の方には到底及びませんが、それでも部屋の中で一角を占めるほどの本は所有していました。
これをその当時手に入れたiPad miniに取り込んで…と自分の中での「新しい時代」の到来にニヤニヤしていました。
あの本の一角が、こんな小さなタブレットに収まるなんて…コンパクトかつ、どこでもどれでも読める!
ワクワク。

「自炊」について色々調べてみると、スキャナーとペーパーカッターなどの本を解体する道具が必要とのことでした。
そのどちらもたくさんの種類があって、どれくらいの量の本をどれくらいのクオリティと速さで処理したいかによってスペックから選ぶという感じでした。
当然、道具の費用もそれに比例してきます。
吟味に吟味を重ねて、ネットでも評判の良かったこのディスクカッターを購入したのでした。

やはり、普通の文房具のカッターでは埒があかないだろうと考えたのです。(もちろん根気があればできます。要は紙を1枚1枚バラバラにできればいいのです)

やってみた

スキャナーとディスクカッターを手に入れた私はガンガン自炊を始めました。
道具のスペックとしては「省スペースでお手頃価格の、わりと自分が頑張らなきゃいけないタイプ」を選んだので、そりゃあもう頑張りました。

本の背表紙を剥がして、10〜20ページくらいの束に分けて(引き裂いて)ディスクカッターで端をカットして1枚1枚バラバラにして、1枚1枚スキャナーに突っ込みました。

バラバラになった紙は裏表でページの順番が狂うので、なかなか神経をすり減らしました(笑)
1冊で数百ページ、それを取り込む時は裏表で枚数の倍の回数、それを冊数分ですから、なかなかハードな祭りでしたが、とにかく納得するまで持っている本を取り込んだのでした。

今では本棚というものがなくなり、また一つすっきりです。
代わりにDVDやBlu-rayなどのディスクが並んでいるのですが、これも将来的にはどうにかなるのかしら…?

カール事務器ディスクカッターA4 良かった!

それでこちらのカッターですが、結論から言うと買って良かったです。
カッターのスライドもスムーズで、切れ味良く綺麗に切れますし、これがなかったら何十倍の時間がかかっていたかわからないです。
紙を固定することができるので、歪みも少ないですし。

これを当時¥9,300(税込)で購入していました。
多少重くてかさばるのですが、使う時にはそれが安定感となっていました。
いや、ほんとに頑張ってくれました。
これからもよろしくね!と思っていました。
ところが…。

最近、出番がない

気がつくと、押入れの中で他のものを取る時に、ただ移動させているだけでした。
そういえば最近、とんと出番がありません。

最近は電子書籍も充実してきた、というかほとんどが電子書籍化されていると思いますので、新たに自炊をする必要を感じなくなっています。
それに、ネットの情報も詳細なものがたくさんあるのでハウツー本に関しては尚更という感じがします。

スキャナーの方はまだぼちぼち使っているのですが、こちらはもう箱に入ったままで…。本をバラすことがほとんどなくなってきたのです。
使わない時はビニール袋に入れて、更に元の外装箱に仕舞っているので、まだ物自体は綺麗なんだけどな…。

仕分け結果

今日、偶然なのですが、テレビでローラーカッターを使っているシーンを目にしました。
その時に「もし又、本を自炊したくなっても1冊くらいならローラーカッターで十分だな…」と思い踏ん切りがついた次第です。
私のところでの役割は果たし切ってくれたのだと思いました。

ということで、手放すことにします。
本体はまだ綺麗な状態ですし、替えのパーツは未使用なので買取にでも持って行ってみようと思います。

ほんと、お世話になりました。
誰かが便利に使ってくれると嬉しいな…。

追記:お店に持って行きました

買取価格:1,000円でした。
思ったより高く買い取ってもらえました。

《おすすめ記事》
電子書籍だって仕分け&処分 〜見えない持ち物?〜
紙の本はもう持ってないとこのブログに書いたことがあります。 本の全てを処分したわけではなくて、一部、まだ残しておきたいものは電子書籍化したのでした。 いつも目に入るスペースはとてもスッキリして...
仕分け#03 プリンター…というより年賀状というイベントを処分したい
紙類をごっそり処分してはや数年。今では不要と判断した紙を破く瞬間に、なんとも言えない爽快感を感じております。ストレス解消にもとてもいいですね。紙を使わないということは、紙に印刷する必要もない→...

コメント

タイトルとURLをコピーしました