夏・麻祭り!? 〜夏のワードローブは麻ばっかり〜

雑記

いよいよ本格的に暑くなってきました。

少しでも風に当たっていたいし、風を通したい。
洋服が肌から離れていてほしい。

そんな要望を叶える素材はやっぱり麻だと思います。

スポンサーリンク

暑くてジメジメして辛い夏

元々湿度にとても弱い私(実は長風呂も息苦しくなるタイプです)。

暑くて快適さとは程遠いのに、湿度まであって不快指数が上がると、体もだるくなって、モチベーションまで落ちていく一方。

ただ、麻という素材の着心地を知るまでは「夏ってそういうもんだ」と思っていました。
もう、夏が過ぎるのをただひたすら耐え忍ぶか、クーラーの効いた部屋に避難するしかないと。

夏の救世主、麻

それが、冷えとりというものに出会い、天然素材を着ることの良さを知ってから初めて「麻」という素材を意識しだしたように思います。

↓冷えとりについての関連記事

肌離れが良くて夏涼しい、丈夫、吸水・発散性に優れている…いいじゃないですか!
なんで今まで見向きもしなかったんだろう、なんて思いましたが…。

今でこそ麻素材の洋服はよく見かけるようになりましたが、少し前は珍しい素材だった…と思うんですけどねぇ。
(あったとしても、”マダム向け”デザインが多かったように思います)

そんな中でも頑張って色々探して着てみると、目から鱗の快適さでした。

風通しがいい!

ハリのあるノースリーブのシャツなんかを着た日には、下着オンリー(?)で風に吹かれている感覚でした(笑)

麻のニットはシャツよりも体に添いますが、それでも風通しは抜群。
服を着ている感覚が、他の素材に比べて圧倒的に軽いのです。

こうなったら今まで着ていた綿のTシャツが暑くて暑くて…(笑)

麻と比べると、湿気がこもる感覚がよくわかります。
ファッションとしてはたまにTシャツを着たくなる日もあるんですけどね。
あの暑さ湿気がまとわりつく感じを思い出すと、1日我慢できる気がしません。

そして、快適さを知れば知るほど、我慢強さをどんどん失っていく私…(笑)

気づけば夏服は麻ばっかり

ということで、気づけば夏服は麻ばかりになっていました。
シャツ、カーディガン、カットソー、ボトムも…。
ちなみにシーツも麻です。

麻は肌触りがちょっと”ざらっと”してるので、綿麻くらいだったら自分の中で「アリ」です。
綿麻だったら肌触りがよくなりますしね。

↓愛用中のタンクトップです。


[リネン タンクトップ レディース] プレミアム リネン100% ベーシック タンクトップ / 日本製 メール便可 ノースリーブ 速乾 天然素材
(楽天市場)

ちょっと残念な点

夏の服に関しては麻以外の選択肢は考えられない体(?)になったのですが、残念な点も少しあります。

1:シワになりやすい。というか、シャツなんかは完全にシワが伸びることなんてない気がする。
2:特にトップスなのですが…麻の服が涼しすぎて、今度は下着の暑さが気になってしょうがない(笑)。

下着ねぇ…これが暑いんですよね。
どうにかならないかと考えを巡らせているのですが、今のところ、これという答えが出ていません。
ノーブラ……難しいな(笑)

やっと麻という夏の救世主と巡り会えたので、夏の下着についても諦めずに追求していきたいと思います。

《おすすめ記事》

コメント

タイトルとURLをコピーしました