よく読まれた記事《中国ドラマ感想編》ランキング〜ありがとうございます〜

中国ドラマ

一応「シンプルライフと日々の楽しみ」を軸に展開している、事実上雑記ブログのこの「はるの仕分け日記」
その中でもすっかりカテゴリーとしての地位を確立しているのが「中国ドラマ」で、長い長いドラマを見終わった後につらつらと備忘録的に綴っている記事群です。
最近はそれをモチベーションに視聴を続けているフシもあります(笑)。
溜まってくると、なんだか妙な達成感があるんですよね…。

まだまだ見ていない有名どころもありますし、今現在も3作品を絶賛視聴中で、これからもどんどん増えていくとは思いますが、ちょうどブログ開設丸2年というこのタイミングで、どのドラマの記事がよく読んでいただけたのかというのを知りたくなりました(^.^)

ということでランキング形式でご紹介(というか、私の記念に♪)したいと思います。

スポンサーリンク

よく読まれた記事《中国ドラマ感想編》ランキング

最初は「TOP10」のつもりでしたが、蓋を開けてみたら全部で9作しか記事にしていませんでした(笑)。
ブログを始めてからは全て書いてるんですが、始める前に見てた何作かもありまして、それは感想を残していないんですね。
なんだ〜、それくらいかぁ。
結局「孤高の花」が多すぎてわかりづらくなってたんだ。
まだまだだな(笑)。

まあ、気をとりなおして…。

いや、1位はもう確認しなくてもわかってるんですけどね…(笑)。
私も大好きな”あのドラマ”だと思います。

せっかく(?)ですから、それぞれのドラマの私のお気に入りキャラも挙げていこうと思います。
どなたか、共感してくださるかしら??

第1位:孤高の花~General&I~

想像通りの結果でした(笑)。
私の好きなキャラは「楚北捷です。何度もすみません(笑)
まあ、このキャラ推しが当たり前すぎる(?)ならば、もう一人挙げるとすれば則尹です。この方も素敵♪

このドラマだけは、再放送に合わせてリアルタイムで熱く感想を述べた記事が沢山あるのでそれらはカウントから除外しています。
それでも、ダントツの1位はこの記事でした。
もっと言うなら、このブログ中の1位です(凄っ!)。

私も大好きな作品です。
何がそんなに特別なんだろうと時々思うのですが…やっぱり人物描写がとにかく丁寧な作品というところが、のめり込む要因なのかな…と。
色んなタイプのキャラがいて、それぞれに信念がある。
見ている人も誰か一人くらいは共感できるんじゃないかな、と思える作品でした。

まあ、あとは「楚北捷」というキャラにハマったから!
好みすぎて、「見ていたい」という動機も大いにありました(笑)

同じような方が沢山いらっしゃって、沢山コメントもいただきました。
やっぱり人気なんだな〜と改めて実感。

また久しぶりに北捷に”会いたい”とも思うんですが、中国ドラマの放送は「容赦無く(?)」どんどん録画が溜まっていく世界です(笑)。
前のを見返している余裕なんかありません。
また会えるのはいつの日やら…。

第2位:三国志−趙雲伝−

第2位は三国志の趙雲を主人公にしたこのドラマ。
へ〜、意外〜(笑)。
私、このドラマについては結構辛口な感想を長々と綴ったのですが…(汗)。
気分を悪くされてる方もいらっしゃったかな?
それとも、私と同じような感想の方もおられたりして。

このドラマで好きだったキャラは「李全(趙雲の師匠)」でした。
渋かったですねぇ!
枯れつつも独特の色気が感じられるところが結構ツボでした。
この感覚、誰か共感してもらえるかな〜?(笑)

第3位:王女未央-BIOU-

第3位はこちら!「 王女未央-BIOU-」でした。
へ〜、なるほどぉ。

この作品で好きだったキャラは「李敏徳(未央と母違いの弟)」。
まだまだ年若いとは言え、気概も誇りもあって、どんどんカッコよくなっていくところが見所でした。

作品自体はとにかくヒロインいじめがえげつなくて、見ててしんどいな〜と思いながらの視聴でした。
王道の昼ドラみたいな感じで。

あと、ちょっと偏った感想かもしれませんが、この作品の室内の調度が結構私好みでした。
もちろん木造なんですけど、妙に小綺麗なんですよね。
「新築っぽい」(笑)
会話がちょっと面白くないな〜なんて時には、内装をガン見してました(笑)。

第4位:記憶の森のシンデレラ~STAY WITH ME~

なるほど〜、これですか!
私が見た数少ない現代物(笑)。
ファッション業界ものということで、やたらおしゃれな世界観でした。

好きだったキャラは…「レオ(ヒロイン:リー・ウェイウェイの弟)」
美男子だし、明るくて可愛いし、で彼の出ているシーンは和めました。

第5位:開封府~北宋を包む青い天~

お〜、これですか!これ、面白かった〜!
めちゃくちゃ地味ですけどね(すみません…)。
なんか、凝ったストーリーの刑事物を見てるような感覚でした。

好きだったキャラは、主役ですけど包拯です。
すごく変わってるし、最初はちょっと怖いと思っちゃいますが、最終的には惹きつけられました。キャラ造形が素晴らしい。
でも、他にもいい味出してるキャラが多いんですよ、この作品。
人間味があって、みんな良かったな〜。

第6位:花と将軍~Oh My General~

私の中で、見る前のイメージと一番違ったのはこのドラマでした。
ラブストーリーかと思いきや、私の印象は「ホームドラマ」(笑)。
これ、私だけかなぁ?

好きだったキャラは「胡青/狐狸(軍師)」と「秋水(葉昭の護衛)」
軍師タイプは元々好みだし、秋水は可愛い♪
でもこのドラマも、人間味のあるチャーミングなキャラが多かった印象です。

第7位:擇天記~宿命の美少年~

このドラマ、ファンタジーなんですけど世界観が好きでした。
とにかく絵面が綺麗!
目の保養になるドラマ、という印象でした。
インテリア的(なんだその視点)にも住んでみたい家No.1ドラマでした(笑)
(どこがって決められないんですが、何箇所かあります)

好きだったキャラは「天海幽雪/聖后(女帝)」、綺麗でカリスマ感が凄かった!
それに小黒龍/朱砂(子供の龍)」が可愛かった!
私のところにも来て欲しい(笑)

第8位:バーニング・アイス ー無証之罪ー

最近見たサスペンス・ドラマです。
これ、怖かった〜。暴力シーンが…。
さらっと見終わろうと思っていたけど、最後の最後で主役にハマりました(笑)。
で、即2回目見直しました。

というわけで好きだったキャラは「厳良(イェン・リャン)です。

第9位:麗王別姫~花散る永遠の愛~

こちらの順位が低いのは、まだ書いて間もないからだと思いますが…。
とフォローしてますが、正直1倍速でさら〜っと流し見してたのは、このドラマです(すみません…)。
なんというか、引きが弱かったかな…。

それでも一応好きだったキャラは「黙延啜(回紇可汗)」です。
男気と懐の深さが良かったですね〜。

最終話が詩的な感じで、実はそこが一番好きでした。
全82話のご褒美はそこかぁ〜という印象(笑)。

まとめ

なんだか後半は特に「記事の公開時期」だけの問題のような気がしてきましたが…。
ま、おそらくそうですね。

ま、ランキングはさておき(自分で言ったくせに)こうして改めて振り返るのは面白かったです。

こうして感想を残しておくと、後々読んで楽しかったりするので、ブログに書くのもいいものだなぁと思います。
むしろ、感想を残してないのが残念なくらいです。
今となっては。

それに、ブログを読んでくださった方から色んなことを教えていただけたりするので、それも一人で楽しんでいては得られなかった経験だなぁなんて、改めてありがたみを感じます。

長い長いドラマを見終え、その長い旅の終わりに、様々な人たちの感想を聞いてみたいという方が一定数いらっしゃるのでしょうか。
また海外ドラマの場合、有料放送、無料放送やその再放送、DVDなど、いろんなタイミングで見ることができるため、読まれるタイミングも様々なのが特徴かもしれません。

ドラマにも相性があって、すごくのめり込むものと、早く次の展開に変わらないかな〜なんてちょっとモジモジしてしまうものとがあったりして、それだけ色んなカラーがあるってことでしょうか。

現在は「武則天-The Empress-」「ミーユエ 王朝を照らす月」「永遠の桃花 三生三世」を視聴中。
どれも楽しめています。

これからどんな作品に出会えるかも楽しみだ〜。
ということで、感想もどんどん増えていくことと思います。
よろしければお読みください!

《おすすめ記事》

コメント

タイトルとURLをコピーしました