【中国ドラマ】今見ているドラマ 2021年秋ver.

中国ドラマ

夏頃、同時進行している中国ドラマ視聴があまりにも多くて自分的に面白い状況になったので”その時見ているドラマ”をリストアップしてみたのですが、それがちょっと面白かったので、秋ver.もやってみようと思います。

いや〜、テレビやら動画やら、手軽に見られるドラマが沢山あって、ほんとにありがたい♪

BS放送しているドラマ

私の中国ドラマ鑑賞はここから始まった!”人生に新たな楽しみををありがとう”という気持ちでいっぱいです。
そして、きちんとした日本語字幕で見られることにも改めてありがたみを感じます。

海棠が色付く頃に

民国時代化粧を題材にしたドラマという点で興味を持って見始めました。
実は放送が始まる前に「ドロドロらしい」という情報を目にして、そういうのが苦手な私は途中で脱落するかもな〜なんて思いながら見始めたのですが、なるほど「昼ドラ」テイストでした。

一番の”引き”だった民国時代の雰囲気は、思っていたより色調が明るくて(軽くて)「かなり甘めのテイストだな〜」とちょっと残念。まあ、化粧品がテーマならしょうがないのかな。個人的にはもうちょっと落ち着いた雰囲気のレトロ感が好きなのですが(「紳士探偵L」とか「君、花海棠の紅にあらず」とか)。
あと”造花感”もなかなかw まぁ、難しいのはわかりますが。

気になっていたドロドロ感は覚悟していたからか、それとも肩入れしているキャラがいないからか俯瞰で見られていて、さらに「そっか、これは昼ドラか」と認識(決めつけ?)してからは、意外と嫌な気持ちにならずにサラッと見られています。
というか、展開が早くて”焦らされる”ということがほとんどないので、サクサク見られる感じが良いです。単純に「この先が気になる」という欲を満たしてくれていますw
ある程度録画を溜めて自分のペースで見ているのもいいのかも。
今、15話くらいまで見たのですが、ちょっと面白く感じて来ました。

ちょっと気になるキャラは应昊茗さん演じる朗月明。ミュージカル「ファントム」のエリック(怪人)みたいなキャラだな〜と思いました。

それにしても恋愛ものの日本放送時のキービジュアルって甘く作りすぎですよね〜。元々のものを見たら、そっちの方が全然いい!っていつも思っちゃいます(こちらから見られます→「海棠经雨胭脂透」维基百科

↓結局、後半で脱落しました…

逃れられない運命-在劫難逃ざいごうなんとう

ミステリーということで押さえています。とりあえず2話まで見てみました。
単なるミステリーというだけでなく、タイムループという要素が入っているのが面白そう。放送が最終話近くまで来たら一気見したいと思いますw

刑事の張海峰を演じている王千源さんを見ていると、岸谷五朗さんの影がチラついて困る(?)のですが、なんとかストーリーに集中できればと思います(何の宣言?)

鹿晗さんの歌うエンディングの曲もかっこいい♪

↓見終わりました♪

半妖の司籐(スー・トン)姫 ~運命に導かれた愛~

恋愛ものでファンタジー系ですが、あんまり甘くなさそうところが新鮮で興味をそそられました。
とりあえず2話まで見てみたのですが、ヒロインの司籐女王様気質なのが面白そうです。しかも司籐に敵対する人たちもいるようで不穏な空気も。
こちらも先の展開が楽しみです。

今後の放送予定で気になっているもの

BS11のミステリーとして「雨に眠る罪-非常目撃-」(【12月14日~】毎週月~金 午前11時29分~12時00分)と「摩天楼のモンタージュ~Horizon Tower~」(【11月4日~】曜日・時間は同じ)は押さえておきたいなと思っています。
「悪との距離」も評判が良さそうなのですが、今、普通話のリスニングを鍛えたいと思っているので台湾ドラマは耳が混乱してしまうのと、結構重い作品らしいのでその点からもパスする予定です。

あと、こちらもBS11「花様衛士~ロイヤル・ミッション~」(【11月23日~】毎週月~木 午後4時59分~5時55分)も気になっています。古装でミステリーで恋愛ものというジャンル。ちょこちょこトレーラーを見かけていて面白そうだなと思っていました。
※確実な放送日時は公式ホームページをご確認ください

動画視聴

最近ハマっている動画でのドラマ鑑賞。
本当に見たいものが見られるのでありがたい!日本語字幕がないので言葉の壁はしっかり感じてしまいますが、何とか”気持ち”で乗り越えたいw

叛逆者 The Rebel

「iQIYI 爱奇艺」(YouTubeチャンネル及びサイトまたはAPP)にて視聴中。

最近「推し」(朱一龍さん)が足りてない!ということで見始めましたw
朱一龍さん主演の民国時代の上海を舞台にしたスパイドラマです。タイトルでもう何となく…ねぇw
善良な青年が愛国心からスパイ活動に身を投じ、任務と人間らしい情の間で揺れ動き、最終的には対象だったはずの共産党側の人間になっていく…という物語…らしいです(まだはじめの方しか見ていないので、微妙に違ってたらすみません)。

40話以上あるドラマのまだ3話しか見ていないのですが、すでに”イケオジ”たちのヒリヒリする攻防戦にすっかり前のめりになっています。
そしてちらちらトレーラーで見ていたヒロイン朱怡貞童瑶さん)との関係(スパイ対象→恋愛?)にも期待です。なんか雰囲気が良かったんですよね〜。
使われているしっとりしたピアノ曲の影響もあってか、全体的に哀愁を帯びた、というかメランコリックな作品になっています。
秋になったので雰囲気もぴったりかな〜と思ってこのタイミングで見始めました。とにかく夏じゃない感じw

今はYouTubeの自動翻訳機能でなんとか助けてもらってる状態ですが、あと数話でそれ以降をiQIYIのサイトで”日本語以外”の言語しかない状態で視聴しなければいけなくなるので、難しいスパイドラマ、どこまでついていけるのか不安ですが、気持ち的にはすごく見たいので、何とか頑張ってついていきたいと思っています。

今、一番前のめりになって見ているドラマなのですが、スパイドラマで話がちょっと複雑なのと、日本語字幕がないのでめちゃくちゃ集中しなくちゃいけないのと、でどんなに時間が取れても1日1話以上は見られませんw
でも、今んとこ一番ハマってます。

盜墓筆記2 怒海潜沙&秦嶺神樹 Explore with the Note

YouTube「熱點劇場Hotspot!」チャンネルにて視聴中。
今年になってハマっている「盜墓筆記」シリーズの作品でジャンルは探検ものです。

今見ているのは海底の古墓を探検しているシーンで、海底というところが新鮮で楽しく視聴しています。画面めちゃくちゃ暗いけどw
ま、このシリーズの制作の問題(原作者が関わってる作品と関わっていない作品がある)なのか、同じキャラでも作品(エピソード)によって描き方や印象が全然違ったりするので、見れば見るほどややこしいというところもあるのですがw、ま、作品自体の魅力とか最終的に見たいのがあるから、とかいう理由で順番に見ていってるところです。

まとめ

改めてこうしてリストアップしてみると、我ながら「こんなに見れるの?」なんて思ってしまいますw

でもきちんとした日本語字幕で手軽に見られるBSの放送をおちおち逃すのも惜しいですし、それとは別に自分の趣味嗜好で本当に見たいものも、すぐに見たいという気持ちも抑えられませんし…。うれしい悲鳴ってやつなんでしょうかね。

ま、動画の方はレコーダーも圧迫しませんしw、自分のリズムで見られるのでぼちぼち楽しもうと思います。

《おすすめ記事》

コメント

タイトルとURLをコピーしました